地盤の弱さを地図で確認!無料で使えるサイトはココ

スポンサーリンク

 

ここ数年、特に2000年以降の地震の回数がすごいことになっていますね。

2016年だけでも震度5以上の地震がたくさん起きています。

 

私自身もつい先日の朝、スマホの緊急地震速報の「ヴー!ヴー!ヴー!(サイレン)地震が来ます!」の音に飛び起きました。

その直後、辞世の句を詠む暇もなく地震に襲われました。

 

結局震度は3程度でしたが(笑

やっぱあの音は心臓に悪いですよね・・・

 

それをキッカケに、今年大きい地震は何度くらいあったのかなと思ったので調べてみました。

 

2016年に発生した、大きい地震まとめ

 

■4月14日 熊本地震の前震 ・・・熊本県益城町で最大震度 7

・同日 熊本県熊本地方で地震 ・・・熊本県益城町で最大震度 6弱

■4月15日 熊本県熊本地方で地震 ・・・熊本県宇城市で最大震度 6強

■4月16日 熊本地震の本震 ・・・熊本県益城町、西原村で最大震度 7

・同日 熊本県熊本地方で地震 ・・・熊本県菊陽町、合志市、熊本市で最大震度 6弱

・同日 熊本県阿蘇地方で地震 ・・・熊本県産山村で最大震度 6強

・同日 熊本県熊本地方で地震 ・・・熊本県菊池市で最大震度 6弱

■6月16日 内浦湾で地震 ・・・北海道函館市で最大震度 6弱

■10月21日 鳥取県中部で地震 ・・・鳥取県倉吉市、湯梨浜町、北栄町で最大震度 6弱

■11月22日 福島県沖で地震 ・・・福島県、茨城県、栃木県で最大震度 5弱

 

・・・など、熊本地震以降は西も東も大きい地震が発生しています。

震度7なんて絶対経験したくないです (´;ω;`)

 

地盤の弱さを検索できる無料サイト

 

こうなると自分の住んでいる街は大丈夫なの?と思う人が大半だと思います。私もそうです。

そこで日本の揺れやすい地域、場所を調べられるサイトを見つけました。

 

「揺れやすい地盤」でGoogle検索すると、 災害大国 迫る危機という朝日デジタルさんのサイトが見つかると思います。

こちらをクリックで飛びます

 

ページにアクセスすると、3か所入力する場所がありますので、左から 都道府県・市町村・地区 を選択してください。

入力すると揺れやすさの目安(表層地盤増幅率)が出ます。それがあなたの住んでいる場所の揺れやすさの指標です。

※画像の地名は適当に入力しました。

 

0.5~2.5まであり、数字が少ないほど硬い地盤(青い大きいほど柔らかい地盤(赤いということです。

下にはマップも表示され、所在地の周辺地域の揺れやすさもひと目でわかるようになっていますね。

ちなみに私の住んでいる場所は、「1.52」というなんともネタにならない中途半端な数字でした。

 

主要都市の危険度は?

 

ここで全国の主要都市の地盤の揺れやすさを人口順で見ていきましょう。

左から 「市町村名・推計人口(2016年)・揺れやすさの目安 」です。

揺れやすさの目安は、都道府県庁や市役所の所在地で計算しています。

 

・東京特別区部 ーーー 9,375,104人 ーーー 1.44 (場所によって揺れやすい)

・横浜市 ーーー 3,732,616人 ーーー 1.44 (場所によって揺れやすい)

・大阪市 ーーー 2,705,262人 ーーー 1.46 (場所によって揺れやすい)

・名古屋市 ーーー 2,304,794人 ーーー 1.28

・札幌市 ーーー 1,947,097人 ーーー 1.31

・福岡市 ーーー 1,553,607 ーーー 1.85 (揺れやすい)

・神戸市 ーーー 1,535,765人 ーーー 1.23

・川崎市 ーーー 1,489,564人 ーーー 2.31 (特に揺れやすい)

・京都市 ーーー 1,474,735人 ーーー 1.19

・さいたま市 ーーー 1,275,331人 ーーー 1.61(揺れやすい)

・広島市 ーーー 1,189,530人 ーーー 1.78(揺れやすい)

・仙台市 ーーー 1,084,700人 ーーー 1.05

 

意外や意外、2011年の東日本大震災で一番犠牲者を出した宮城県・・・その県庁所在地である仙台市が一番地盤が硬かったです。

残念ながら主要都市で一番揺れやすいのが川崎市という結果になりました。

 

とにかくどんな数値であれ日本に住んでいる以上、震災の恐怖からは逃れられません。

いつ何があってもいいように、腹をくくって生きていきましょう。/(^o^)\

防災グッズなどの準備はしておいてくださいね。

 

その他、想定される震源や想定される震源域などの情報もありますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

悲劇の一族・内ケ島氏と帰雲城

by http://shirakawa-go.org/kankou/siru/yomu/1303/

 

地震つながりでふと思い出したのですが、現在の岐阜県大野郡白川村にあった「帰雲城」というお城のお話です。

この城は1400年代に建築されてから100年以上、内ケ島氏の居城でした。

 

しかし天正13年11月29日(1586年1月18日)、後に天正大地震と呼ばれる地震が発生。

あまりに大きい地震だったため、帰雲山が山崩れを起こし帰雲城と領民を丸ごと飲み込んでしまいました。

城主・内ヶ島氏理とその一族は全員行方不明となり、内ヶ島氏は滅びました。

助かったのは偶々いなかった領民数名だけということです。

 

一瞬にして滅亡の憂き目に遭ってしまった内ヶ島氏ですが鉱山を持っていたという話もあり

大量の金が埋まっているのではないかという、文字通り埋蔵金伝説があります。

某糸井さんには是非掘り起こしていただきたいものですね。

 

以上、<地震速報に驚愕!地盤の硬さを調べて万一に備えよう>でした。

この記事がお役に立ちましたら、SNSボタンのクリックお願いします!

 

 

スポンサーリンク