「ギョウジャニンニク」と「イヌサフラン」の比較と見分け方とは?

スポンサーリンク

「ギョウジャ(行者)ニンニク」と間違えて「イヌサフラン」を食べ、80代女性が死亡

北海道の富良野保健所は15日、同保健所管内(富良野市など5市町村)の80代女性と70代男女の計3人が有毒のイヌサフランを、ギョウジャニンニクと誤って食べて食中毒になり、このうち80代女性が13日に死亡したと発表した。

同保健所によると、3人は母親と娘夫婦。11日午後5時半ごろ、知人宅敷地内で採ったイヌサフランの葉を自宅に持ち帰り、炒めて食べた。

その後、下痢と嘔吐(おうと)を発症し12日午前、医療機関に搬送された。

母親は13日午後3時25分ごろ、容体が悪化して死亡した。娘夫婦は今も入院している。

保健所は、症状などがイヌサフランに含まれる有毒成分コルヒチンによるものと一致したため、イヌサフランによる食中毒と断定した。

参照元:ヤフーニュース・・・イヌサフラン食べ80代女性が中毒死 ギョウジャニンニクと誤る 北海道・富良野保健所

「ギョウジャニンニク」と「イヌサフラン」の比較

 

ギョウジャニンニク(食べられる)とイヌサフラン(死ぬ)の比較画像です。

 

ギョウジャニンニクの芽(食べられる)

イヌサフランの芽(死ぬ)

 

ギョウジャニンニクの葉(食べられる)

イヌサフランの葉(死ぬ)

画像引用:東京都薬用植物園

 

こうして比較するとかなり似ていますね。特に芽はそっくりです。

植物辞典などでパッと見ただけでは間違うことも多そうです。

では簡単な見分け方はあるのでしょうか?

 

「ギョウジャニンニク」と「イヌサフラン」の簡単な見分け方

 

臭い

ギョウジャニンニクの芽を揉んでみるとニンニク臭がしますが、イヌサフランの芽の方には臭いがありません。

葉の枚数

葉っぱの枚数が少ないほうがギョウジャニンニクです。

葉っぱが多く重なっている方はイヌサフランです。

球根の形

細いらっきょうのような球根はギョウジャニンニクです。匂いがあります。

大きく茶色い球根はイヌサフランです。

 

判断に迷った時は、球根を見ることも必要ですね。

[アドセンス中]

「ギョウジャニンニクと間違えて80代女性が死亡」ネットの反応

2017/05/16 07:15
これはちょっと私は見分けつかないな。
名無しさん 2017/05/16 07:32
見分けはつかなくても臭いでわかると思うけど。強烈だから。
名無しさん 2017/05/16 07:38
ギョウジャニンニクは、名前そのままニンニクの臭いがするからね。

それすら知らないなら食べちゃダメ。

名無しさん 2017/05/16 07:38
これ、典型的な、野草食べる人がやっちゃならないミスですよ。

食べる野草の本の1ページ目に、これに注意しろと載ってるくらいです。

名無しさん 2017/05/16 07:39
ま、葉の裏見てみな?違うから
名無しさん 2017/05/16 07:46
植物は体に良くない
名無しさん 2017/05/16 07:48
イヌサフランは球根だから掘ってみればすぐわかるはずだけど

たいていは葉っぱだけ見て採るからね~

よく見れば行者にんにくは葉の先が丸い感じ、イヌサフランはとがってる感じなんだけど

一番簡単なのは匂いかな

ニンニクのような匂いが行者にんにく

名無しさん 2017/05/16 07:49
見分けの付かないものは食べない方がいいですね。
名無しさん 2017/05/16 07:50
有毒なものとこんなにそっくりなんておかしいですよね?

誰が見ても違いが分かるようにすべき。

名無しさん 2017/05/16 07:51
いやいやいやいや食えばわかるだろ〜少し齧ったことあるけどイヌサフランって草の味だし苦いぞ?
名無しさん 2017/05/16 07:57
味や匂いとかはどうなんだろう?

それもそっくりだと怖いな…

名無しさん 2017/05/16 07:58
コルヒチンが含有されているのなら、痛風患者には薬効が期待できる♪

イヌサフラン食品のトクホ認定も遠くない。

名無しさん 2017/05/16 07:58
ニンニクのような・・。ではなくニンニクの強い匂いがします。
名無しさん 2017/05/16 08:02
見分けがつかぬとも、ホンモノはその名通りに臭いのキツいニラなので、一口で判りそうなもんだが・・・?
名無しさん 2017/05/16 08:04
高齢になると臭覚・味覚が鈍くなります。通常は口に入れた時に違和感で吐き出してしまうようなモノでも飲み込んでしまうのです。この為、この手の事故では気が付かず大量に摂取し、重体化してしまうのです。
名無しさん 2017/05/16 08:05
見た目は素人には判別出来ないですね
名無しさん 2017/05/16 08:08
富良野は開墾地時代に食糧がなかったんで、伝統的に残ってるらしいんだが

うわ、もうだめだ

名無しさん 2017/05/16 08:10
10年ほど前だったかな、どっかの料亭で、シソの代わりにアジサイの葉で飾りつけしたのを客が食べちゃって中毒になってたな…。

店で出されたら、ちょっと大きいシソかな~って、そりゃ信じて疑わず食べちゃうよ…。

アジサイの葉に毒性があるなんて知らなかったし、シソと似てるのも、その時認識した。

被害に遭われた人には、災難だったけど、私たちはまたこうして知ることができた。感謝。

名無しさん 2017/05/16 08:12
茎に赤い皮みたいのが被ってるのが本物です。

ちなみにコメント欄によくみかける臭いで分かるだろって言うのは実際山にとりに行けばわかるけど、鼻に近づけないと山の臭いで(土やら木等の)わかりづらいです。

山菜取りは、必ず初めは経験者と行く事をおすすめします。

名無しさん 2017/05/16 08:13
イヌがサフランを食べ、死んだかと思った
名無しさん 2017/05/16 08:19
見た目では赤いハカマがあるかどうかで見分けが付くけど、それで見分けるとスズランと間違えやすい。

スズランも毒草だから注意!!

まあ、強烈なニンニク臭がするから普通は臭いですぐ解る。

名無しさん 2017/05/16 08:23
知人敷地内だから、知人に聞けば分かったのではないか?

と思ったけど、北海道なら敷地の広さが本土の狭い家とは比べ物にならないかもな。

名無しさん 2017/05/16 08:24

葉っぱを少しちぎって指で潰せば匂いが立ってわかりやすいのでは?

まあ毒草すり潰した指で鼻ほじるとかしたらそれはそれでヤバイですけど・・・

名無しさん 2017/05/16 08:28
行者ニンニク・ニラ=くさい

イヌサフラン・水仙=無臭

あと、水仙の歯は肉厚。ニラはペナペナ。

名無しさん 2017/05/16 08:29
匂いでわかるし、ギョウジャニンニクは育つまでに数年間かかるレア山菜でそんなに自生してない。

道の駅などで売っているものでも、少し混ざってるパターンがあるから気をつけた方がいい。

名無しさん 2017/05/16 08:34
ありましたね、アジサイの葉による食中毒。アレもかなり青臭くて普通なら飲み込めないレベルです。子供の頃にママゴトで使っていても誰にも注意されませんでした・・。一般的に毒草として認識されていないのでしょうね。
名無しさん 2017/05/16 08:36
素人は、野草と冬登山には注意。

ヘタすりゃ命落とします。

名無しさん 2017/05/16 08:39
キョウジャニンニクというのは間違えても食うほど旨いのか?
名無しさん 2017/05/16 08:39
専門家でも区別が難しいと言われているキノコで誤植・中毒が多いのは知られているけど、意外と山菜・野草とかでもそういうのが多いのはあまり知られていない。

少しでも自信がないなら食べないのが正解。勿体ないけど(比べるまでもなく)命と健康のほうが大事なので。

名無しさん 2017/05/16 08:41
>見分けがつかぬとも、ホンモノはその名通りに臭いのキツいニラなので、一口で判りそうなもんだが・・・?

春に頻繁に食べるが、ニンニクと同じように匂いのきついのもあればきつくないものあったりするんだよね。

スーパーでギョウジャニンニクって書いて売られてるのも、これほんとにそうなのか?と思うほど匂いが薄いのとか、サイズの大きなものあって個体差が大きい。

自分で獲ったのなら相当疑って確認しまくって食べるが、スーパーに売ってたら多少警戒しても大丈夫かな?と思っちゃうよね。

今回は自分で獲ったみたいだから、見た目と匂いでしっかり確認してから食べなきゃ危ないね。

名無しさん 2017/05/16 08:42
生えている場所によるけれど混同して茂っている感じではないはず

だから最初からイヌサフランが生えている一体だったのかなと?

逆に混同していたならアサリとシオフキが似て異なるように

双子も並べば微妙に違うように見分けが付いたかも知れない

茎が赤みがかっていて葉がちょっと柔らかく広めが本物かなと…

実物を並べると考えようにはぜんぜん違う事が分かるけど

偽物しか(そういう訳ではないのだが)そこに無いとまんまと本物だと決め付けてしまうかも知れない

名無しさん 2017/05/16 08:47

イヌサフランは知らんけどギョウジャニンニクは個人的にはめちゃくちゃ美味いと思う。

おひたしとかタレ付きジンギスカンに入れて食べると美味。

ただし、食べ過ぎると2~3日体臭がニンニク臭くなるから注意な。

普通に食べても次の日は確実に臭い。

名無しさん 2017/05/16 08:56
その名の通り、ギョウジャニンニクはニンニク臭がするから食べた瞬間にわかるとおもうんだけど・・・。

炒めて食べたなら尚更、香ばしい。

はじめて食べたのか、酔っていたのか、謎すぎる。

名無しさん 2017/05/16 09:04
こんなに長く生きて知恵もあるだろうにそれでも間違えるんだな

ご冥福を

名無しさん 2017/05/16 09:10
サイゼリヤの間違いさがし並みに見分けがつきにくい。。
名無しさん 2017/05/16 09:13
毒といえばキノコだとかヘビだとか思い浮かべる人が多いだろうけど、

花や野草などの植物って案外毒があるものって多いから素人が採ってきて食べるのって危険だよね。毒々しい感じもしないし。

食べはしないだろうけど、金鳳花とか鈴蘭に毒があるって知らない人も多いんじゃないかな?

名無しさん 2017/05/16 07:21
素人には、全く見分けはつかない。

少しでも疑わしい時は、食べない方が良い。

名無しさん 2017/05/16 07:56
これはパッと見て、全然区別がつきませんね。

強いて言うならば茎の根本がピンクか白かの違いだけで…。

ニラとすいせんも似ていて、中毒例が多く、解らない物は手を付けないのが一番でしょうね!

名無しさん 2017/05/16 08:01
知らないふりして嫌いな人に食べさせたい。
名無しさん 2017/05/16 08:01
少し疑問なのは、ギョウジャニンニクは採取時も食べる時も独特の香り、風味があるのですが、食べた時に変だとは思わなかったんですかね。

それか全て間違えたのではなく、混ざっていた可能性もありますね。イヌサフランだけだと多分味覚で気づけそうです。

名無しさん 2017/05/16 08:01
てかさ 疑わしいもなにも、知らずに食べたんでしょ

全ての植物を知ってるわけではない

名無しさん 2017/05/16 08:09
地元民はにおいでわかるっていうけど・・・・
名無しさん 2017/05/16 08:14
花壇や畑には名札を立てよう
名無しさん 2017/05/16 08:20
自分の母親から、これ炒めて食べたら美味しいよって言われたら、何の疑問もなく食べてしまう気がする。
名無しさん 2017/05/16 08:20
オレも電柱の下にかりんとうが落ちていたから食べたんだけどかりんとうじゃなかったよ。
名無しさん 2017/05/16 08:22
山菜なんだから,民家の庭に生えるとは思えんけどね。

自分で苗やタネを植えるかでもしない限り,庭には生えないよ。

そこそこ高価な部類の山菜。

名無しさん 2017/05/16 08:23
こういう紛らわしい毒草があるのを知ってるなら疑いもするだろうけど、それを知らなければ疑いようもないからね。
名無しさん 2017/05/16 08:26
高齢の方だと嗅覚・味覚ともに鈍くなっているので気が付かず飲み込んでしまう事はありえます。
(例:ニラに対してのスイセンの誤食)混生については庭で両者を栽培していた可能性もあります。
ギョウジャニンニクも最近栽培して食用とする人も増えて来てきます。
名無しさん 2017/05/16 08:27
ギョウジャニンニクと思い込んでたらもう駄目だよね。
名無しさん 2017/05/16 08:36
義実家に行くと見たことのない野草・きのこをよく食卓に出される。

よく採るらしいから大丈夫なんだろうけど、こういうニュースを見ると不安。

名無しさん 2017/05/16 08:41
八百屋さんで買うのが一番ですね。

数年に一回くらいは間違って店頭に並んじゃうこともあるんだろうけど、、

名無しさん 2017/05/16 08:52
ニラとスイセンは全く似てないから間違うヤツはアホだが、これはよく似ているよね。
名無しさん 2017/05/16 08:54
高齢者には勧めよう
名無しさん 2017/05/16 08:55
北海道民です。山菜は素人ですが、行者にんにくはにおいで分かりますよ~。
名無しさん 2017/05/16 08:57
イヌサフランは外来種だから、高齢者はますます気がつかなかったでしょうね。

もともと日本には豊かな食文化があったのに、野草も安心して食べられない時代になってしまった。

名無しさん 2017/05/16 09:00
「よくわからない」ではなく、「ギョウジャニンニク」としか思わなかったんでしょう。
名無しさん 2017/05/16 09:07
うん。「疑わず食べた」ということでしょう。
名無しさん 2017/05/16 09:08
外来種であるイヌサフランの方は販売禁止にするべき

セアカゴケグモと同じ認識で良い

名無しさん 2017/05/16 09:14
一昨年の冬、旅行先でひなびた産直に行ったら、山採りのキノコが売ってたんだけど、

「なめこ」と書いて売っているソレは、

買ってきてよく見たら「えのきだけ」だった。

(天然物は白くもないしひょろっとしていなくてナメコに似ているけど、ぬめりと味がナメコとは違う)

どちらも食用だから大丈夫ではあるんだけど、キノコ売ってお金にしてる人はプロだと思っていたのに間違うこともあるんだと怖くなって以来、産直でキノコを買うのは止めた。

名無しさん 2017/05/16 07:25
よく分からんものは食べないようにしよう!
名無しさん 2017/05/16 07:41
ま、タラの芽とかはわりと安全に見つけられる
名無しさん 2017/05/16 07:49
もはや、戦後では無い

他に食べ物は幾らでもある

名無しさん 2017/05/16 07:55
セリとセリに似た毒があるやつがすぐ隣に生えてる映像をテレビで見たけど、間違えそうだなと思った。
名無しさん 2017/05/16 07:57
散々報道されててなんでなん。ほんまにもう食べるのやめとけ
名無しさん 2017/05/16 07:57
きっと、水仙の間違いだね。
名無しさん 2017/05/16 08:00
「なんでこれを間違えるかな?」ってのはあります。都市部の人は、ワラビとゼンマイすら区別できない人もいるし、ウルシやヌルデをタラの芽と間違えた人もいる。

ちなみに、イタヤカエデの幼木は、トゲもあって、タラの芽と紛らわしいです。

名無しさん 2017/05/16 08:01
わかってても勘違いの可能性があるから、その辺のものは食うなってことだな。
名無しさん 2017/05/16 08:05
素人判断では分からない毒草ってあるもんだね。
名無しさん 2017/05/16 08:10
ある程度知識があり自家用に採取するにしても、それを知識が無い人に譲渡しない事も大切です。貰う側も知識がある人が取ったものだからと安心せず、自分で確認し自己責任で食べると言う心構えが必要かと思います。
名無しさん 2017/05/16 08:15
北海道独特の山菜故に、そのことは特に元アイヌ民族の人たちがわかりそうな感じが・・・
名無しさん 2017/05/16 08:21
当人たちにとっては「よく分からんもの」ではなく、よく知っているものと確信していたのだろう。

子供に「怪しい人について行くな」と言っても、怪しくない風貌の人について行くことを防げないというのと一緒である。

昨今の標的型メール攻撃で「怪しいメールは開くな」というのも同じ問題を含んでいる。

名無しさん 2017/05/16 08:25
オレも奈良公園に行った時チョコボールが落ちてたから拾って食べたんだけどチョコボールじゃなかったんだよ。
名無しさん 2017/05/16 08:31
そ、それで、その続きが気になるんですけど、何ボールだったの?
名無しさん 2017/05/16 08:31
ウ○コボールに決まってるだろ言わせんな恥ずかしい
名無しさん 2017/05/16 08:43
そうそう、こないだね、動物園のふれあいコーナーで、ウサギを抱っこしてた娘が麦チョコ拾って食べてたんだけど、麦チョコじゃなかったんだよ。
名無しさん 2017/05/16 07:37
予想以上に激似で見分けがつきません

というか、同じに見えます…

名無しさん 2017/05/16 07:52
ニラとスイセンも有名

あれは自宅にニラ植えたのに勝手にスイセンが雑草で生えちゃった事故

これもそうだろう

名無しさん 2017/05/16 08:15
ニラよりスイセンの茎は太い。
名無しさん 2017/05/16 08:26
ニラはくさい、水仙は無臭

ニラはペナペナしてる、水仙は肉厚

名無しさん 2017/05/16 08:31
スズランはちょい細い。
名無しさん 2017/05/16 09:00
ノビル(ネギ類)とタマスダレ(ヒガンバナ科)、ニリンソウとトリカブト、ハスイモとクワズイモ…も食中毒が多い。ナス科のハシリドコロも見た目が美味しそうなのでたちが悪い。…というよりもイヌサフランは「コルチカム」の名前で秋ごろ花屋やホームセンターに出回る。コルチカムの成分「コルヒチン」は種無しスイカの作戦にも使用される劇薬の原材料だが一般人も普通に購入できてしまうのは問題かも
名無しさん 2017/05/16 07:42
そっくりやんけ!殺す気か!?
名無しさん 2017/05/16 08:10
毒がある方は葉っぱが少し小さいんですね。
名無しさん 2017/05/16 08:27
ニラとスイセンの見分け方、もっと分かりにくい。ニラとスイセンって、茎がスイセンのほうが太いんだって。
名無しさん 2017/05/16 08:35
呼吸困難とかじゃなく食中毒のようだから

成人は死なんでしょ

名無しさん 2017/05/16 08:37
葉の小ささも、2つを見比べれば分かるかもしれないが…。

単独で生えてたら無理かも。

こんなにそっくりなのに、片方は美味しくて片方は毒とか怖い。

名無しさん 2017/05/16 07:33
野草は素人には見分けがつきませんね。。
名無しさん 2017/05/16 08:04
それと最近は山間部の廃村、廃屋などが増え、さらに荒廃して自然にかえりかけている場所も増えました。かつて植えていたイヌサフランやスイセンはけっこう頑健なのでそうした場所にも生き残っているのもあるかもしれませんね。
名無しさん 2017/05/16 08:30
ちなみにイヌサフランのイヌは犬じゃなくて、否、役にたたないという意味らしいです…..
名無しさん 2017/05/16 08:45
↑こういう雑学ありがたい。サフランなんておしゃれな呼び名とおもったら否定されてたんだ。
名無しさん 2017/05/16 08:48
そうですね。だから、イヌサフランはニセサフランだと思ってたほうがいいですね。
名無しさん 2017/05/16 07:41
じゃあギョウジャニンニクはニセニセサフランだね
名無しさん 2017/05/16 07:41
失礼な言い方かも知れないが、ご年齢やお住まいの地域からして子供の頃から食せる野草を食べる習慣があったんでしょうね。

恐らく臭いとか気にせず見た目からギョウシャニンニクと信じ込んでしまったんでしょうか。。。

名無しさん 2017/05/16 08:31
過信は禁物ですね。
名無しさん 2017/05/16 08:38
匂いで判断出来るようですね

イヌサフランは無臭なので匂い確認すれば…

名無しさん 2017/05/16 09:06
雪解け後の山菜を採る時の表情は明るいし楽しみにしてる人は多い 失礼でもなんでもない むしろ生活自体を楽しんでいる

こういう事故は胸が締め付けられる

名無しさん 2017/05/16 07:35
素人には全く見分けつきませんね

自生してるのはわからず危険なので

買って食べるしか予防法はないかと

名無しさん 2017/05/16 08:43
売ってるのにも混じってることありますね。

売ってるのでも自分で匂いと見た目で確認しながら食べてます。

名無しさん 2017/05/16 07:43
神奈川でも、のびる(野蒜)は食べるよ
名無しさん 2017/05/16 08:13
神奈川ののびる!食べたことがあります
名無しさん 2017/05/16 08:14
酢味噌をつけても美味しいよね
名無しさん 2017/05/16 08:24
野蒜が生えていたんだが、隣にデカイウ○コがあって「コイツで育ったのか」と思うと、自然な事なんだが気分的に抜いて食べるのを止めた。
名無しさん 2017/05/16 08:58
よく川の堤防に生えていますが、道路沿いに面している野蒜は犬のおし○こがかかっているので食べてはダメとおばあちゃんが言っていました。
名無しさん 2017/05/16 09:08
確かに、電柱や垣根や塀の脇に生えてますよね。

でもそこって、ワンちゃんしっこが・・。

名無しさん 2017/05/16 09:09
飲尿健康法もあるほどだから犬のおしっこなんか何でもないわ

 

ひとこと

 

春になって野草が生えてくるとこういう事故が増えますよね。

厚労省は「よく分からない植物は絶対に採らない・食べない・売らない・人にあげないこと」と注意喚起をしていますので、本当に自信のある方意外は採らないほうがいいかもしれません。

もしどうしてもという場合にはベテランの方にアドバイスをもらうのが一番だと思います。

 

 

スポンサーリンク