女性注目「甘酒」には絶大な美容効果アリ!飲む時間とカロリーには注意

スポンサーリンク

 

あなたは「甘酒」って普段飲みますか?

大抵の人は「ジジババくさい」とか「甘すぎる」などの理由であまり飲まない方も多いのではないでしょうか?

しかしこの甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、美肌や美容にも効果のある飲み物なんですね。

飲む時間次第で更に思いがけない効果も享受できる、素晴らしい飲み物なのですが・・・

実は最近ある有名人がこの甘酒にハマっているようです。

 

甘酒がマイブームの北斗晶

画像引用:http://ameblo.jp/hokuto-akira/

元女子プロレスラーで、タレント活動やブログで人気の北斗晶さん。

2015年9月に乳がんで入院し、24日に右胸を摘出した北斗さんは更に29日にも脇のリンパにまで転移したがんを取り除く手術を受けました。

壮絶な2回の手術に耐えて、2016年11月にテレビに復帰しました。

それからテレビに引っ張りだこの北斗さんが、今ハマっているのが「甘酒」なんです。

小さい頃は好きではなかったのに、夏にスーパーで買った甘酒が美味しかったそうでそれからハマったとか。

しかも自分で作るまでになったようで、ブログにもその様子をアップしています。

 

甘酒の主な栄養価

この甘酒にはどんな栄養価が含まれていてカロリーはどれくらいなのか、見ていきましょう。

甘酒には主に以下の栄養が含まれています。

 

ビタミンB1・B2

皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがある。

 

ビタミンB6

筋肉・血液などが作られる働きがある。

ビタミンB1・B2と同じく皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きもある。

 

葉酸

細胞分裂などの新陳代謝の働きがあり、髪の毛や肌の再生などに効果がある。

 

食物繊維

便秘の改善や生活習慣病予防に役立つ。

 

オリゴ糖

善玉菌を増やし、腸内の環境を改善させる働きがある。

 

システイン

皮膚や髪の毛を生成する成分。

体内で作られるが、その量は少ない為欠乏しやすい。

 

アルギニン

免疫力のアップ、精力増強に効果あり。

 

グルタミン

筋肉の分解抑制、精力増強、免疫力のアップなどに効果あり。

 

甘酒のカロリー

 

商品によって若干変わりますが、100gあたり約80~90kcalくらいです。

できれば1日1杯程度にしておくと良いでしょう。

糖分が多いのであまり調子に乗って飲むと、太ったり糖尿病になるので注意!

 

 

甘酒を飲むのに最適な時間

オススメは夜寝る直前です。

甘酒にはアミノ酸が大量に含まれていて、ストレス改善・安眠・入眠効果などもあります。

飲む量は100cc程度にしておくのがベストです。

1日の疲れを明日に残さないようにしましょう。

 

終わりに

栄養価を見てわかるように、ビタミンB1・2・6や葉酸、食物繊維など美容・美肌に欠かせない成分が豊富に含まれています。

女性には嬉しい飲み物ではないでしょうか?

また髪の毛の生成、精力増強などの効果があるので、中年男性にもオススメです。

 

いかかでしょうか?

思った以上のスーパー飲料でしたので、管理人も甘酒に対する評価を改めようと思います。

甘酒を飲んで日々健康に過ごして行きましょう!

でも飲み過ぎには注意してくださいね。

 

以上、<北斗晶もハマった「甘酒」は美容・美肌に絶大な効果!でも気になるカロリーは?>でした。

 

 

 

スポンサーリンク