書き初めには四字熟語?マジで使えるカッコイイ言葉20選

スポンサーリンク

 

お正月が近づき、連休を楽しみにしているご家族も多いかと思います。

お正月の伝統といえば「凧揚げ、羽つき、福笑い、かるた、百人一首、書き初め」などがあります。

中でも書き初めは学校の宿題としてよく出されますが、「何書こう?」と悩むことも多いですよね。

 

そこで今回は小・中学生にオススメの四字熟語と、子供が「カッコイイ!」と言いそうなものを

ピックアップしてみました。

一年の目標を書くときに親子で選んでみるのもいいのではないでしょうか?

是非参考にしてみてくださいね!

 

オススメ四字熟語 10選

 

・以心伝心 (いしんでんしん) → 言葉はなくとも心でつながる親子関係っていいですね。

・一所懸命 (いっしょけんめい) → 一つのことに集中して事を成す子どもになってほしい!

・一心不乱 (いっしんふらん) → 上に同じです。

・因果応報 (いんがおうほう) → 悪いことをすると悪いことが返ってくる、教育にぴったりの言葉。

・起死回生 (きしかいせい) → いかに悪い状況でも諦めない強い心を持ってほしい。

・喜怒哀楽 (きどあいらく) → 感情豊かな人間の方が周りに好かれる気がします。

・七転八起 (しちてんはっき) → 何度失敗しても諦めず立ち上がってほしい。

・大器晩成 (たいきばんせい) → 今は出来が悪くてもいつかは大物になるかも?

・大胆不敵 (だいたんふてき) → 失敗を恐れず挑戦する気持ちを持ってほしい。

・公明正大 (こうめいせいだい) → 自分の利益だけを考える心を無くし、不正を許さない子どもになってほしい。

 

カッコイイ四字熟語 10選

 

・花鳥風月 (かちょうふうげつ) 美しい自然の風景のこと。

・明鏡止水 (めいきょうしすい) 落ち着いた心境のこと。

・百花繚乱 (ひゃっかりょうらん) → たくさんの花が咲き乱れる様。

・唯我独尊 (ゆいがどくそん) → 自分が一番優れていると自負すること。

・森羅万象 (しんらばんしょう) → この世に存在する宇宙を含めたあらゆるもの。

魑魅魍魎 (ちみもうりょう) → 妖怪や化物、いわゆるモンスターの類。

・画竜点睛 (がりょうてんせい) → 何かを成すときの最後の大切な仕上げのこと。「~を欠く」はマヌケという意味で使われますw

・疾風怒濤 (しっぷうどとう) 激しい風と荒れ狂う波のこと。ドイツ語で「シュトルム・ウント・ドラング」と訳される。

・疾風迅雷 (しっぷうじんらい) →風と雷の疾さを表した言葉。

乾坤一擲 (けんこんいってき) 自分の運命をかけて、イチかバチかの勝負に出ること。

 

うーん見事な中二病ですねw

 

まとめ

 

というわけで書き初めにオススメの四字熟語をお届けしました。

どれか気に入ったものはあったでしょうか?

 

余談ですが私は小学生の頃に習字を習っておりまして、六段まで行ったのですが部活が忙しくなり5年生くらいでやめてしまいました。

今ではパソコンの普及もあり、当時の字のうまさの面影は跡形もなく無くなってしまいましたw

でもぶっちゃけ、習字よりはボールペン字の方が大人になってから役立つような気がしますね・・・。

 

 

スポンサーリンク