月9ドラマ『海月姫』第4話感想・・・動き出す恋心

スポンサーリンク

2018年2月5日放送の『海月姫』第4話の感想です。

スポンサーリンク

 

蔵之介が蔵子として受け入れられる

ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)に蔵之介(瀬戸康史)が男だとバレてしまい、喫茶店に呼び出されます。

男だよね、という事実を突きつけるけれど蔵之介にのらりくらりとかわされてしまいます。

天水館に戻った千絵子が、蔵之介は「実は蔵子だったのよ。だから受け入れる事に決めたわ」と言います。

蔵子(瀬戸康史)は、政治家の父が蔵子を男として育ててしまったという「ベルばらのオスカル」なのという無茶な話で落ち着きます。

純粋な尼~ず達は、蔵之介の嘘くさい話もすっかりと信じてしまったんでしょうね。そんな所が憎めない感じがします。

 

修と月海の恋

天水館を突然訪れた修(工藤阿須加)は、部屋にこもる月海に玄関から叫びます。

「あなたの事を抱きしめたのは、あなたの事を守りたいと思ったからです。」

修の気持ちを聞いて、修の所に出ていきたいと思っていたけれど稲荷(泉里香)との事が気になって、修との事はなかったことにしようと心の箱に気持ちを閉じ込める月海でした。

それを見た蔵之介が、本当にそれでいいのかなと月海の心を動かします。

修が待ってるから行ってこいと。

待ち合わせ場所に走る月海でしたが、結局修とは会うことが出来ませんでした。

スポンサーリンク

 

ミュージックビデオに使われたクラゲドレス

そんな中、蔵之介が後輩に見せたクラゲドレスが目に留まりミュージックビデオの衣装として採用されることになります。

11名分のクラゲをイメージしたドレスが完成し、撮影を見に尼~ずを連れて現場に行く事にします。

おしゃれをして行くのを拒む尼~ず達に蔵之介は言います。

「おしゃれは自分を強くする武器だよ」と。

そして、自分達とは絶対に関わりを持たないと思っていたあちら側のおしゃれ人間が、自分達が作ったクラゲドレスを着ているという事実を目の前にして感動するのでした。

 

 

蔵之介の気持ち

月海が、蔵之介はあちら側のおしゃれ人間なのにどうして私と一緒にいるのですか。という問いかけに思わず

「可愛いと思っているから、本当は可愛い女の子だと思っているから一緒にいるんだ」と言います。

どうしてこんな事を言ってしまったのか戸惑う蔵之介でした。

スポンサーリンク

 

まとめ

修の気持ちを受けて月海が動き出しました。

尼~ず達もミュージックビデオに出したクラゲドレスが好調で少し自信がついたようですね。

最後に、蔵之介が月海に「可愛いと思ってる」と言った言葉が蔵之介・修・月海の三角関係になっていくのでしょうか。

稲荷翔子も慶一郎(北大路欣也)の策略で、強引に修にくっついてくるので、修と恋人になれるのかそれも気になります。

次週は、クラゲドレスのブランド「ジュエリーフィッシュ」を立ち上げようと蔵之介が言い出します。

天水館の取り壊しを阻止する為の起爆剤になるのでしょうか。

スポンサーリンク