2017年8月のお盆休みはいつ?有給使えば9連休に!

スポンサーリンク

 

社会人にとって毎年楽しみなお盆休み

日々頑張っているあなたは今年の連休は何をしますか?

管理人は毎年お盆休みが仕事で潰れてしまうので、今年こそ連休が取れるといいなぁ~と思っていますが・・・

 

さて、2017年のお盆休みはいつからどれくらい連休があるのでしょうか?

計画を立てるために連休期間の予想と毎年何日くらいあるのか見ていきましょう。

 

2017年お盆休みはいつから?

お盆とは8月15日を中心とした期間のことです。

一部地域では7月15日の場所もあります。

13日には先祖を迎える「迎え火」を焚き、16日には先祖を送る「送り火」を焚くのが一般的です。

15日には先祖への供養で盆踊りも行われます。

 

企業や業種にもよりますが、基本的には連休は13日~16日に取られることが多いです。

これに土日が絡むことで何日連休が取れるかが決まってくるのですね。

 

では2017年はどうでしょうか?

12日が土曜日なので連休に組み込まれる可能性が高いですね。

おそらく5連休になる企業が多いでしょう!

 

有給を使うと何連休になる?

上記カレンダーの通り16日までの連休予想ですが、勤めている企業次第では20日まで休みを取れる場合もあるかもしれません。

サービス業や24時間稼働している工場では難しいでしょうが、福利厚生が充実している会社や有給休暇がたっぷり残っている方は2日使えば更に休みが伸びます。

実に9連休です!

 

これくらい休みが長ければ、お墓参りと海外旅行まで行けそうですね。

ただここまで休ませてくれるホワイトな企業は少ないでしょうね・・・

 

日本社会は勤務日に休むのが「悪」という風潮が昭和の頃から今でも続いています。

年配の方や上司はそういう考えの人が多いので、労働者の権利である有給を取りづらいと思う方も多いのでは?

管理人もそういう経験が多いです。

いつかこういった風潮が無くなり、有給休暇を自由に気兼ねなく使える社会になって欲しいですね。

 

 

スポンサーリンク