『天神祭奉納花火大会2017』の穴場スポット3選!日程・時間・有料席・ホテル情報も掲載

スポンサーリンク

 

『天神祭奉納花火大会2017』の日程と時間

 

開催日:2017年7月25日(月)

時間:19:30 ~ 21:00頃迄(予定)

 

天神祭は毎年6月の下旬吉日~7月25日の約一か月に亘り諸行事が実施され、花火大会は最終日の25日に本宮にて施行されます。

 

『天神祭奉納花火大会2017』の見どころ

 

日本三大祭りと言えば神田祭、祇園祭、天神祭

 

天神祭のラストを飾るのが今回の花火大会となります。

 

天神祭は日本各地の天満宮で催される祭りです。

 

その中でも大阪天神祭は学問の神様と称される、菅原道真公の命日にちなんで大阪天満宮で施行されます。

 

[Adsense]

 

天神祭は水と炎の祭りと言われています。

 

25日本宮の夜には船を使用した神事船渡御による大川での100隻もの大船団からの灯と花火に加え、大川の揺らめきが祭りのフィナーレを飾ります。

 

奉納花火は4000発の花火が両岸から打ち上げられます。

 

予想動員数は約130万人。

 

天神様に因んだ梅鉢形のオリジナルで情熱的な赤い花火「紅梅花火」に協賛スポンサー、地元企業の名を入れて文字化し花火を彩った「文字仕掛け花火」が独特で名物として長年愛されてきました。

 

文字仕掛け花火はKINCHOのCMでお馴染みです、是非チェックしてみてくださいね。

 

天神祭奉納花火大会2013の様子です

 

 

『天神祭奉納花火大会2017』への主なアクセス方法

 

①地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅下車6分

 

②JR東西線大阪天満宮駅下車徒歩5分

 

③JR大阪環状線桜ノ宮駅下車徒歩5分

 

④京阪天満橋駅下車徒歩5分。

 

[Adsense2]

 

『天神祭奉納花火大会2017』近隣ホテル情報

 

 

帝国ホテル大阪

 

 帝国ホテル大阪 公式HP

 

花、水、緑に囲まれた環境にそびえ立つ伝統のおもてなし精神に富んだホテルです。

 

都会に在りながら春は桜、夏は天神祭を感じられるような四季折々の悠然さを持つ高級ホテルの一種。

 

夏の風物詩天神祭を最高のロケーションから堪能してもらうべく多くの特別プランが用意されています。

 

事前予約はお早めに。

 

ヒルトン大阪

 

ヒルトン大阪 公式HP

 

大阪ビジネス街の中心に佇むヒルトン大阪。

 

各種鉄道から観光地へのアクセスが楽ちん。

 

打ち上げ会場から距離があるものの高層階から花火を眺望可能。

 

花火当日の特別プランはもちろん用意されています。

 

ホテル大阪ベイタワー

 

ホテル大阪ベイタワー 公式HP

 

高ロケーションで定評のあるホテル大阪ベイタワー。

 

地上200m51階立ての大阪ベイエリアのランドマークとなっております。

 

大阪市内から六甲山~神戸~淡路島の大絶景パノラマが一望できます。

 

花火大会当日は宝石の様に輝く夜景に花火を少し楽しめます。

 

会場から距離がある為、いつもと違ったホテル大阪ベイタワーをお楽しみください。

 

大阪キャッスルホテル

 

大阪キャッスルホテル 公式HP

 

大川の川沿いに位置する大阪キャッスルホテルを抜きに話は進みませんよね。

 

天神祭の船渡御を始め、臨場感ある花火を楽しめる事間違いなし。

 

屋上が解放される為、さらなる迫力を求め屋上階へ登ってはいかがでしょうか?

 

大阪リバーサイドホテル

 

こちらも同じく大川の川沿いに位置するホテル。

 

奉納花火に船渡御の競演を眺望可能。

 

駅から近く観光地大阪城へも程近く、観光客には一押しのホテル。

 

当日は混雑前の人の動きを観察してみるのも楽しそうですね。

 

[Adsense3]

 

『天神祭奉納花火大会2017』の有料席

 

今年の花火大会も有料席が用意されています。

 

桜ノ宮公園南側(造幣局対岸)

 

時間:2017年7月25日 18:00 開場

定員:500席限定

料金:1人 8,500円(税込)

お弁当とお茶付き!

 

詳細は → 観覧席情報

 

天神祭 船渡御(乗船券)

 

時間:2017年7月25日 16:00 乗船開始

場所:船乗り場

料金:32,000円(税込)

折り詰め弁当・お酒やソフトドリンク飲み放題・記念品付き

 

詳細は → 観覧席情報

 

天神祭奉納花火大会の穴場スポット3選

 

川崎橋の東側

 

川崎橋は自転車・歩行者専用の橋で、打ち上げ場所からは少々離れますが人混みを離れてのんびり花火観賞できるオススメ場所。

 

南側は花火が見えづらい傾向にあるので東側で観れると良いですね。

 

源八橋

 

少々の混雑が予想されますが、会場付近で花火を観賞可能になるスポット。

 

18:30頃から歩行者天国となりのんびり観られる場所です。

 

櫻宮神社

 

会場から程近い人気スポットへと昇格しつつあります。

 

桜の宮公園に隣接する神社であり、混雑が予想されますが、花火を間近で観賞したい方にはオススメ。

 

ひとこと

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

花火大会に行く際は必ず公式HPの確認をお願いします。

 

よろしければ下のバナーをクリックお願いします m(_ _)m


季節の行事ランキング

 

スポンサーリンク