ホワイトデーのお返しの意味は?マシュマロには悲しい意味があった

スポンサーリンク

 

2月14日のバレンタインデーがやってきますね。

毎年チョコレートを貰える方は毎年「お返しどれにしよう・・・」とさんざん迷って最終的には

「お菓子、雑貨、花、アクセサリー」のどれかを選ぶと思います。

 

その中のお菓子ですが実は花言葉ならぬ「お菓子言葉」があるそうなのです。

 

お返しには意味が?

 

本命の子に悪い意味を持つお菓子を贈ったら嫌われるでしょう。

友達だと思っている子に本命用のお菓子を贈ったら勘違いされてしまうかも知れません。

 

そういったリスクを回避するため、男子諸君はお菓子言葉を知っておくのもいいかも。

ここではいろいろな種類のお菓子に秘められた意味を調べて載せてみました。

 

 チョコレート

チョコレートのお菓子言葉は・・・特にありません

 

さんざん煽っておいて何ですが、調べてもなーんにも出てきませんでした。

なので義理チョコを貰った人は、お返しにチョコを贈っても問題ないでしょう。

少し高級なゴディバやロイズなどで感謝を表すのも良いのでは?

 

マカロン

マカロンのお菓子言葉は「特別な人」です。

 

これは本命の子に贈るお菓子としてはぴったりですね!

男性はあまりマカロンを食べないと思いますが、女性はマカロン好きが多いとか。

有名パティシエの作るマカロンを持ってお返しすればきっと望む結果が得られるでしょう!

多分。

 

マシュマロ

マシュマロのお菓子言葉は「あなたが嫌い」です。

 

・・・誰ですかこんな意味つけたのは?

普通のマシュマロはパサパサしていて食感も嫌いな人が多いためってことでの比喩表現でしょうか。

 

でも反対に「あなたを包みたい」という意味もあるという情報が。

チョコレート入りのマシュマロならこういった意味で渡すのもアリ・・・なんですかね?

 

クッキー

クッキーのお菓子言葉は「友達でいましょう」です。

 

これは義理チョコへのお返しとして無難ですね。

 

キャンディ

キャンディのお菓子言葉は「好きです」。

 

素晴らしいど真ん中の直球ですねw

間違いなく本命用に使えるお返しでしょう。

 

マドレーヌ

マドレーヌのお菓子言葉は「もっと仲良くなりたい」です。

 

これはもう少し仲を進展させたいときに贈るのがいいかもしれません。

 

終わりに

 

本命用には「マカロン」「キャンディ」「マドレーヌ」が良いでしょう。

 

義理用には「クッキー」「チョコレート」が無難です。

 

嫌いな人には「ただのマシュマロ」を大量にプレゼントしましょうw

 

 

■余談でホワイトデーの起源でも・・・

バレンタインデーはバレンタイン司教(聖ウァレンティヌス)が西暦269年2月14日に殉教された日というのは有名ですが、理由は当時の兵士は結婚が認められていなかったため、結婚式を挙げてしまった兵士と女性を憐れんで身代わりに処刑されたとのことです。

その後、2人が改めて結婚し愛を誓ったのがその1ヶ月後の3月14日でした。

このエピソードを由来として、日本の「全国飴菓子工業協同組合」というところが1978年に3月14日を「キャンディーの日」と制定したのが起源だそうです。(ただ他の企業も元祖を謳っていたりして、曖昧です)

 

最近ではアジアの一部でもこのホワイトデーが広まりつつあるとか。

海外のイベントじゃなかったんですねー。初めて知りました (´・ω・`)へー

 

 

以上、<ホワイトデーのお返しには意味があった!チョコは何?本命に贈るべきお菓子も決定!>でした。

お菓子言葉特集はいかかでしたか?

お返しする相手がお菓子の意味を知っているかどうかはわかりませんが、参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク