山本一成は在日でストーカー?「Ponanza」作者の正体【情熱大陸】

スポンサーリンク

 

2017年5月21日にTBS系列で放送予定の「情熱大陸」に将棋ソフト「Ponanza(ポナンザ)」の作者・山本一成さんが出演します。

 

山本さんは学生時代はコンピュータが苦手だったのですが、それを克服するために好きだった将棋を活用したそうです。

そして出来上がったのが「Ponanza」なんですね。

 

将棋ソフトは長らく人間に勝てなかったのですが、「Ponanza」は生身の棋士に初めて平手(対等の戦い)で勝利した人工知能です。

近年ではプロ棋士相手に5連勝を達成するなど、進化が目まぐるしいソフトなんですね。

 

しかしネットで調べていると、あるフレーズが気になったので調べてみました。

 

山本一成のプロフィール

画像引用:ツイッター

生年:1985年12月19日 生まれ

出身:愛知県犬山市

学歴:東京大学卒業(2010年)→東京大学大学院卒業(2012年)

趣味:ダンスダンスレボリューション

休日:妻とジム通い

棋力:五段(アマチュア)

 

スポンサーリンク

 

山本一成は在日?

 

山本さんのことを調べるとなぜか「在日」というフレーズが目につきますね。

 

これについて調べてみると、どうやら高校時代に将棋の大会で「萬一成」という名前で出場していたからだそうです。

名前からすると韓国・北朝鮮・中国の在日外国人なのでは?ということらしいのですが・・・

 

正直当時の資料がネットに残っているわけでもないですし、こじつけ、或いは中傷の可能性も否定できません。

生まれも育ちも日本ですので、真偽はわかりませんが純粋な日本人といっても過言ではないと思います。

 

山本一成はストーカー?

 

これも何故か検索すると出てきますね。

実はこれ、山本一成という同姓同名の犯罪者がいたようなんです。

 

2009年頃に東大で集団ストーカーの事件があったようで、これをPonanzaの山本さんと勘違いされたのが原因?

当時の記事が見つからないので真偽はわかりませんが、もし無実なら同姓同名の犯罪者なんてたまったもんではありませんよね・・・(^_^;)

 

「在日」「ストーカー」真偽は?

 

在日疑惑もストーカーも今のところ確証が無いため白とも黒とも言えません。

 

しかし在日でも日本人でも、将棋ソフトの開発で人工知能の世界を活発化させている功労者であるのはまぎれもない事実です。

これからもこういった噂に左右されずに、素晴らしいソフトを開発していってほしいですね。

 

「Ponanza」とプロ棋士の対戦

 

今年は「第2期電王戦」にて佐藤天彦名人(九段)との対戦が予定されており、すでに第一局目は終了しPonanzaの圧勝で終わっています。

 

5月20日には第二局が姫路城で行われる予定ですが、勝てる見込みはかなり少ないでしょう。

 

第一局目はプロ棋士の待ち時間の3分の1も使わず勝利していますので、すでに人間では勝てない領域まで進んでしまっているのかも・・・。

 

( 5/21 追記:第二局目も完敗だったようです・・・ )

 

第2期電王戦・第一局後のネットの反応

 

名無しさん 2017/04/08 09:30
次は運が大きい
麻雀ではどうだろう
名無しさん 2017/04/03 19:01
もう驚きも無いな。人間が勝てる気がしない
名無しさん 2017/04/03 19:48
もはや次元が違いすぎる
名無しさん 2017/04/04 04:57
コンピューターに勝てない名人の名人戦なぞ一片の価値もない。
それは棋士どうしのマスター○ーションにすぎない。
名無しさん 2017/04/04 02:38
当然なこと。
人間に負けたのは、プログラマーが間抜けだっただけ。
それでも将棋連盟は残るんだろうか?
街の将棋クラブと同じようにヘボが集まって時間潰しをしてるのと同じようにw
名無しさん 2017/04/04 03:57
少なくともソフトとの興業は終了でしょ
見せ物にもならないレベルの棋譜だったからね
ただ、佐藤名人は一番精神的なダメージの無い負け方をしている
名人戦の方に力を注いでいて、ここは単なる通過儀式と割り切っていそう
勝てない相手に無駄な労力を使わないのは賢い選択だろう
昨年の山崎八段のように、ボロボロにされるような戦い方を選べばその後しばらくはダメージが出てしまうから
勝負師としては当然の選択だろうが、観ているファンがその姿勢を支持するかどうかはまた別の問題
何れにしても将棋界の未来は暗い
名無しさん 2017/04/03 20:22
率直に言えば、手合い違いで、
名人が指導対局を受けているような感じだった。
将棋はスポーツじゃなくって、芸術や学問みたいなものだから、
人間のプロを遙かに超える作品(棋譜)をソフトが作るとなると人間は厳しいよなぁ…
すでに「指す将棋ファン」は、ソフトに教えて貰っている時代だから、
プロ棋士の存在価値は「見る将棋ファン」をいかに引き留めるかにかかっているけれど、
渡辺みたいに不正に対局相手を無理やり代える汚い棋士がいると、スポンサーもどんどん減って、棋士の存在意義も薄れていくと思う。。。。

 

第2期電王戦・第二局後のネットの反応

 

名無しさん 2017/05/20 22:48
トップ棋士が穴熊に囲えれば勝率は相当高いものなんだけどね。しかしAIは穴熊を評価しないと言う。今後の可能性も匂わせるおもしろい部分ですね。
名無しさん 2017/05/20 23:17
AIは今後ますます進化を遂げ人間はそれに学ぶことはあっても勝つことはできないだろう。
名無しさん 2017/05/20 22:38
途中まではいい勝負でも中盤以降に少しずつ差が開いていくんだよな。もう人間はコンピューターに勝てないんだろうね。
名無しさん 2017/05/21 06:48
藤井総太君、出番だ!
名無しさん 2017/05/20 23:53
人間が自ら生み出した物に勝てなくなるというのは面白くもあり不思議でもあります。
AIにはまだまだ進化の余地があります。
人間もそれに負けないよう進化し続けねばなりませんね。
名無しさん 2017/05/20 23:14
名人と言えども今やコンピューターには10局戦ってもほぼ10局負ける。
そこまで進化する前に羽生三冠と戦って欲しかった、、
名無しさん 2017/05/21 00:53
そろそろハンデをつけないと勝てなくなった。
人は9時間、CPUは1時間にするとか。
名無しさん 2017/05/21 07:22
現名人だからこそ1回は勝ってほしかった
名無しさん 2017/05/20 22:58
CPは一手目が玉だったそうで。
棋士もCPからたくさん学ぶ時代になって、
それはそれで伸びしろがあってよいと思います。
名無しさん 2017/05/20 23:33
相性の悪い棋士に根拠の無い濡れ衣の冤罪を着せタイトル戦の相手を代えさせた極悪非道より、負けたとはいえAIとの対戦から逃げなかった名人は立派だ。
名無しさん 2017/05/20 22:43
真剣に対戦することで得るものが沢山あるのですね
人間の方が進化していくでしょう
名無しさん 2017/05/21 01:22
藤井四段もインタビューで言ってたけど、もう今後は人間とAIが戦う時代ではないよね。これだけ進化したAIが勝つのはもう当たり前の時代。まったく勝てないとは言わないけど、AIは人間が”使う”ものだ。
名無しさん 2017/05/21 07:47
将棋はチェスとは違い複雑で何千通りの手があるから、コンピューターはプロには勝てないと何年か前に聞いた。
今はただただコンピューターの進歩に驚かされる。
名無しさん 2017/05/20 22:40
スマホでソフト出してほしいな。できればタダで。
名無しさん 2017/05/21 04:38
AIの角落ちで人類の名人と互角レベルか?香落ち程度では勝てないだろう。天彦は良く頑張ったと思う。
名無しさん 2017/05/21 03:48
まさか生きてる間に、将棋で名人がAIに負けるとは思わなかった。囲碁ですらもう勝てないんだし、もはやAIは人間を超え始めてる。このまま20年もするとほとんどのホワイトカラーの仕事はAIに置き換わるんだろうけど、まぁそのときはなんかやる事できてるんだろうね。仕事じゃなくなるかもだけど。
名無しさん 2017/05/20 23:12
そもそも名人戦のさなかに名人に対コンピュータ棋戦させるのが問題。
2戦目は棄権でもいいぐらいでしたね。名人戦がまだ先が読めないし。昨年とは異なり対コンピュータ対策やってる余裕なかったはずだしね。
対コンピュータで余興するなら今後はフリークラスの棋士でいいでしょうね。永世名人もいることですし。

 

スポンサーリンク